エバー前会長の新航空会社、エアバスA350型17機購入 路線充実目指す

2019/03/20 15:26

エバー(長栄)航空の前董事長(会長)、張国イ氏が昨年5月に設立した航空会社「星宇航空」(スターラックス)は19日、欧州航空機大手エアバスとワイドボディー機「A350 XWB」17機の購入契約を締結した。来年初めに1番機を就航させる予定の星宇航空。張氏は路線網を素早く構築することこそが競争力強化につながると意気込んだ。将来的には、最低でも全路線1日1便を運航させるという。(イ=火へんに韋)


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。