アプリで読む
ダウンロード

台北でLGBTプライド 17万6千人が参加 多様な社会の実現訴え/台湾

2023/10/28 19:31
レインボーフラッグを振る「台湾LGBT+プライド」の参加者
レインボーフラッグを振る「台湾LGBT+プライド」の参加者

(台北中央社)性的少数者(LGBTQ)への理解促進を目的とした恒例のパレード「台湾LGBT+プライド」(台湾同志遊行)が28日、台北市内で行われた。主催した台湾彩虹公民行動協会(TWRCAA)によれば17万6千人が参加した。同協会の小鯨理事長は、全ての人が自由に暮らせ、固定概念にとらわれない多様な社会の構築に期待を寄せた。

パレードの出発点となった市政府庁舎前には、140を超える企業や団体などがブースを設置した他、特設ステージでは人気歌手らのパフォーマンスが行われ、注目を集めた。パレードは市内に2つのルートが設定され、思い思いの格好をした参加者が練り歩いた。

小鯨さんは、男性と女性、LGBTQの当事者とそうではない人を区別する「性別二元論」の事例を生活の中で目にする機会が多く、対立や衝突を引き起こしていると指摘。パレードを通じて、自分自身をアピールするだけでなく、他人を受け入れてほしい語った。

(呉欣紜/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.201