新型コロナ/台湾、入国者からオミクロン株の亜種「BA.2.75」初確認

2022/07/22 18:05
台湾、入国者からオミクロン株の亜種「BA.2.75」初確認=資料写真
台湾、入国者からオミクロン株の亜種「BA.2.75」初確認=資料写真

(台北中央社)中央感染症指揮センターは22日、海外からの入国者から新型コロナウイルスのオミクロン派生株「BA.2.75」が初めて検出されたと明らかにした。

ワクチンを3回接種した北部在住の30代男性だった。男性は今月10日、家族と友人各1人と共にインドから入国し、ともにPCR検査の陰性証明書を所持していた。だが、空港での検査では3人とも陽性と判定され、男性以外の2人は別の派生株「BA.4」の感染者だった。

男性は10日に発熱や目まい、咳などの症状が見られ、リモート診療の結果、感染が確認された。3人はすでに在宅隔離(外出禁止)が解除された。

(編集:荘麗玲)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。