アプリで読む
ダウンロード

台湾、コロナ飲み薬追加購入 ファイザー製70万人分 医療ひっ迫回避へ

2022/04/11 18:45

中央感染症指揮センターの陳時中(ちんじちゅう)指揮官は11日、米製薬大手ファイザーの新型コロナウイルスの飲み薬「パクスロビド」70万人分を追加購入したと発表した。国内の感染拡大による医療のひっ迫の回避を目指す。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.81