台湾、30日の輸入症例7人 新型コロナ

2021/10/30 14:50
台北市の中正紀念堂にある新型コロナのワクチン接種会場
台北市の中正紀念堂にある新型コロナのワクチン接種会場

(台北中央社)中央感染症指揮センターは29日、新型コロナウイルスの感染状況について、海外に行動歴がある輸入症例を新たに7人確認したと発表した。行動歴はインドネシアが2人、マレーシア、ベトナム、スペイン、米国、英国が各1人。先月3日から今月28日にかけて入国した。

この日は新たな国内感染者、死者がともに報告されなかった。新規国内感染者と死者の「ダブルゼロ」は26日から5日連続。

台湾内で確認された感染者は計1万6406人となり、このうち847人が死亡した。

(編集:羅友辰)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。