24日の国内感染なし 死者は15日連続ゼロ 新型コロナ/台湾

2021/10/24 16:09
中央感染症指揮センター提供
中央感染症指揮センター提供

(台北中央社)中央感染症指揮センターは24日、新型コロナウイルスの国内感染と死者のいずれも確認されなかったと発表した。新規国内感染者が出なかったのは2日連続で、死者は15日連続でゼロとなった。

海外からの輸入症例は4人。20代から40代までの男女で、10日から23日にかけて入国。それぞれアラブ首長国連邦、フィリピン、米国、英国での行動歴があった。このうち、米国から帰国した女性はすでに2回、ワクチン接種を受けており、ブレークスルー感染とされた。8月初めにビオンテック製ワクチンの接種を2回済ませていたという。10日に帰国し、検疫期間満了を受けての検査で陽性と判定された。

台湾内で確認された感染者は計1万6368人となり、死者は846人を維持している。

(張茗喧、陳婕翎/編集:荘麗玲)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。