日本からワクチン6万4000回分が台湾に到着 提供4回目

2021/09/07 15:09
日本からワクチン6万4000回分が台湾に到着 提供4回目
日本からワクチン6万4000回分が台湾に到着 提供4回目

(台北、桃園空港中央社)日本政府から追加提供された新型コロナウイルスワクチンが7日午後、台湾に到着した。英アストラゼネカ製約6万4000回分で、日本からは4回目のワクチン提供となった。

日本政府は6月初めから7月中旬にかけて、3度にわたり同社製ワクチンを提供しており、今回のを合わせると提供分は340万回分余りに達する。

今回の提供分について、中央感染症指揮センターの陳時中(ちんじちゅう)指揮官は7日、台湾人の他、在留日本人への接種にも充てる方針を改めて示した。

外交部(外務省)の欧江安(おうこうあん)報道官は同日、日本が厳しい感染状況にあるにもかかわらず、何度も台湾を支援してくれたとして謝意を表明。日本とは自由や民主主義などの価値観を共有するパートナーで重要な友人同士だとした上で、共同で努力することで感染症を乗り越えられると信じていると述べた。

(鍾佑貞、呉睿騏、陳婕翎、江慧珺/編集:楊千慧)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。