日本からのワクチン提供に返礼 台湾からマスク40万枚が日本に届く

2021/06/23 12:53

台湾から贈られたマスク40万枚が今月14日、大阪港に届いた。台湾から日本へのマスク寄贈を呼び掛けたのは滋賀県大津市で婦人科病院を営む台湾出身の医師、王輝生(日本名大田一博)さん。王さんは22日、中央社の電話取材に応じ、日本政府が台湾に新型コロナウイルスワクチン約124万回分を台湾に無償提供したことにお礼すべきだと考え、働き掛けを行ったと明らかにした。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。