台湾パイナップルを学校給食に 企業や出先機関が大阪府千早赤阪村に寄贈

2021/06/03 19:34

台湾と関係する事業を手掛ける企業と台北駐大阪経済文化弁事処(領事館に相当)は2日、屏東県産パイナップル120キロを大阪府千早赤阪村に寄贈した。寄贈されたパイナップルは村内の小中学校で3日、学校給食として児童生徒約280人に振る舞われた。寄贈者の一人である上畠寬弘神戸市議は中央社の取材に、「次世代を担う村の子供達にも日台交流に関心を高めてもらえれば」と話した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。