アプリで読む
ダウンロード

政府、豚肉輸入量と検査結果を公表へ 担当省庁の毎開庁日/台湾

2020/12/24 17:25

成長促進剤「ラクトパミン」が入った餌で飼育された米国産豚肉の輸入が来年1月1日付けで解禁される。行政院(内閣)の李孟諺秘書長(官房長官に相当)は24日、衛生福利部(保健省)と農業委員会(農林水産省)のサイトで毎開庁日、当日の国内の豚肉生産量と各国からの輸入量、検査結果を公表する方針を明らかにした。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.198