「人体生物データベース」開設 資料31万件超 コロナ検体も/台湾

2020/10/13 13:45

さまざまな疾病に関する情報をまとめた「人体生物データベース」がこのほど開設された。がんや慢性病の検体など31万件余りのデータが収録されており、新型コロナウイルス患者の血液の検体165件の情報も含まれている。衛生福利部(保健省)の石崇良・常務次長は12日、将来的には国民健康保険や死亡登録、がん登録などと紐付けして運用する方針を示した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。