「監獄のよう」発言で物議の英国人女性、隔離終了 人目避けて検疫所離れる/台湾

2020/03/29 12:29

英BBCが台湾の検疫所は「監獄のよう」と報道して物議を醸し、台湾の外交部(外務省)まで巻き込んだ一連の騒動の原因を作った英国人女性(28)が隔離期間を終え、29日早朝、英国の対台湾窓口機関、英国在台弁事処の手配で東部・花蓮県の検疫所を離れた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。