台湾、43カ国・地域への警戒引き上げ それでも渡航、感染なら氏名公表

2020/03/16 19:50

新型コロナウイルスの感染者が海外から流入するケースが相次いでいるのを受け、中央感染症指揮センターは16日午後、新たに42カ国と1地域への渡航の警戒レベルを最高水準のレベル3に引き上げると発表し、不要不急の渡航自粛を勧告するとした。17日付で施行となる。これらの国に不要な渡航をした上、規定への違反、感染が確認された場合には、氏名を公表する方針。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。