台北でLGBTパレード 13万人超参加=主催者発表/台湾

2018/10/27 20:17

アジア最大級の性的少数者(LGBT)のパレードが27日午後、台北市内で行われた。主催者団体の代表によると、今年も昨年に引き続き、教育を通じたジェンダー平等の啓発を訴えるのが目的。台湾では来月24日に、民法による同性婚の保障や、義務教育におけるジェンダー平等推進の賛否を問う国民投票を控えており、主催者や参加者による投票呼び掛けにも熱がこもった。主催者側の発表によると、参加者は午後2時の時点で昨年を上回る13万7000人に上った。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。