世界デジタル競争力ランク 台湾は16位、日本は22位=IMD調査

2018/06/20 18:44

スイスのビジネススクール、IMD(国際経営開発研究所)がこのほど発表した2018年の世界デジタル競争力ランキングで、台湾は前年より4つ順位を落とし、16位だった。アジア太平洋地域では韓国(14位)には及ばなかったが、日本(22位)や中国大陸(30位)を上回った。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。