台湾大で不明の液体かけられる 容疑者自殺、3人重軽傷

2017/10/20 12:03

20日早朝、台北市にある台湾大学の学生寮付近で、学生らが男に成分不明の液体をかけられ、1人が重傷、2人が軽傷を負った。警察によれば、容疑者の男(25)は犯行後に所持していた刀で自殺を図り、通報を受けて駆け付けた警察官らによってその場で死亡が確認された。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。