台湾の求職者 65%が「仕事上の目標ない」=労働部調査

2017/05/30 17:49

労働部(労働省)労働力発展署の就職支援サイト「台湾就業通」が求職者を対象に実施した仕事上の目標に関する調査で、回答者の約65%が、過去1年間「目標を定めなかった」と回答していることが分かった。同サイトは、職業訓練などの政府資源を有効活用するようアドバイスしている。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。