台湾・台中市、「映画基地」建設へ 2018年の完成目指す

2016/04/08 11:49

台中市政府は7億8000万台湾元(約26億2300万円)の予算を編成し、映像作品の撮影施設「中台湾影視基地」を市南部の霧峰区に建設する。同市新聞局の卓冠廷局長は6日、2018年完成の見通しを明かし、台湾のみならず海外からも撮影隊を誘致できるだろうと期待を示した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。