がん発症は代謝の異常が原因か=台湾・国家衛生研究院

2014/05/27 14:22

がんの発症は、体内のグルコース(ブドウ糖)に対する特定の酵素の異常な働きによって起きる可能性があることが、国家衛生研究院の研究でわかった。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。