アプリで読む
ダウンロード

台湾、太平洋の小島しょ開発途上国を継続支援へ 5年間で総額200万米ドル

2023/12/07 17:59
外交部
外交部

(台北中央社)外交部(外務省)は7日、来年から5年間、総額200万米ドル(約3億円)を中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)が設立したファンドに寄付すると発表した。小さな島で国土が形成される開発途上国、小島しょ開発途上国(SIDS)を継続して支援する方針。

太平洋クロマグロの資源管理を議論するWCPFCの年次総会が4日から8日にかけ、南太平洋のクック諸島で開催されている。外交部国際組織司の李冠徳副司長は、5日の総会で寄付の意向を発表したとし、台湾による継続したSIDS支援を際立たせると語った。

李氏によると、台湾はWCPFCのファンドに対して2017年からの5年間にも総額200万ドルを寄付し、SIDSの漁業能力の構築支援などをしていたという。

(黄雅詩/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.199