統一地方選/新北市議選 台日ハーフの民進党新人が初当選/台湾

2022/11/26 21:37:24
新北市議に初当選した山田摩衣氏(左)=資料写真、facebook.com/yamada.banqiaoから
新北市議に初当選した山田摩衣氏(左)=資料写真、facebook.com/yamada.banqiaoから

(新北中央社)新北市議選は26日、投開票され、与党・民進党の新人、山田摩衣氏(32)が初当選した。9議席を巡って21人が争った激戦区、板橋から出馬し、接戦に競り勝った。

台北市出身。日本人の父親を持ち、幼少期は子役として活動した。学生時代に立法院(国会)のインターンシップに参加したのを機に政治に携わるようになり、同党の游錫堃(ゆうしゃくこん)立法院長(国会議長)の秘書を務めた。

青年の起業支援や公営の保育施設の整備加速などを掲げていた山田氏。また、自身の出自から文化の違いを尊重できるとし、「板橋を多文化が融合した環境に」と訴えていた。

(編集:楊千慧)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。