台湾、「最も好きな国」トップは日本 60%で過去最高=窓口機関調査

2022/03/18 15:39
台湾、「最も好きな国」トップは日本 60%で過去最高=窓口機関調査
台湾、「最も好きな国」トップは日本 60%で過去最高=窓口機関調査

(台北中央社)日本の対台湾窓口機関、日本台湾交流協会は18日、台湾人を対象に実施した対日意識に関する2021年度の世論調査の結果を公表した。「台湾を除いて最も好きな国」の1位は日本で、過去最高の60%に上った。

最も好きな国の2位は中国で5%だった。年齢別では、日本が最も好きな国であると回答した人の割合は、30代が73%と最も高かった。

「今後台湾が最も親しくすべき国」では、日本が前回の2018年度調査に比べて9ポイント増の46%となり、3回連続で1位となった。2018年度調査で2位だった中国は前回の31%から15%に大きく減少し、調査開始以降初めて3位となった。2位は米国で24%。

「台湾に最も影響を与えている国」は米国が58%で1位となった。前回1位だった中国は20ポイント減の25%で2位。日本は13%で前回同様3位だった。

日本への親近感に関する問いでは、24%が「親しみを感じる」、53%が「どちらかというと親しみを感じる」と答え、合わせて77%に達した。前回に比べて7ポイント増えた。これまでの最高は2015年度の81%。

現在の日台関係について「大変良い」と回答した人は21%、「良い」は49%で、合計では過去最高の70%に上った。良好との認識は全年齢層で増加し、20代から40代までの各年齢層ではいずれも7割を超えた。また現在の日台関係が以前と比べて「大変良くなった」または「良くなった」と答えた人の割合は65%、「変化なし」が33%で、「悪くなった」は2%にとどまった。

日本への信頼度は「非常に信頼できる」が9%、「信頼できる」が51%となり、合計60%。前回より10ポイント増え、過去最高を更新した。20代と30代では7割を超えた。

調査は同協会が台湾の調査会社、東方線上に委託し、今年1月5日から同20日にかけてインターネットと電話で実施。台湾に住む20歳から80歳までの男女を対象とした。サンプル数は1068。

対日意識調査は3年ごとに行われており、今回で7回目。

(編集:名切千絵)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。