蔡英文総統、中米から帰国 「着実な外交・互恵互助」を改めて表明/台湾

2017/01/16 15:19

中米4カ国を歴訪した蔡英文総統は15日夜、チャーター機で桃園国際空港に帰国した。蔡総統は空港内の国賓ゲートで談話を発表。今後の外交について、互恵互助の方法を探り着実な外交を進めていくほか、双方の協力関係において産業と市場の発展を考慮に加えていく方針を表明した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。