台湾・台南の海岸でイルカが座礁 海巡署が保護

2022/01/14 18:52

南部・台南市北門区の砂浜で12日、シワハイルカ1匹が座礁しているのが見つかった。海洋委員会海巡署(海上保安庁に相当)南部分署によると、職員がイルカを発見した際、イルカは尾びれを大きく動かしてもがいていたという。日光を浴びて乾いてしまわないように、濡れた布をかぶせたり、桶で水をかけ続けるなどした。

イルカは体長約180センチ、幅約40センチ。市内の保護センターに送られ、健康が回復するのを待って、放流される予定だ。

(写真:海巡署提供)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。