澎湖の海岸に不発の機雷 26日に爆破処理へ

2021/11/25 18:03
(写真:陸軍澎湖防衛指揮部提供)
(写真:陸軍澎湖防衛指揮部提供)

台湾海峡の澎湖県北寮の海岸で不発の機雷とみられる物体が見つかった。陸軍澎湖防衛指揮部は26日午前にも爆破処理を行う方針。同部によるとこの物体は直径約70センチ。さびがひどく、番号などは識別できないというが、古い時代のものとみている。澎湖県では昨年9月に望安郷鋤頭嶼で同様の機雷が見つかっている。

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。