味全ドラゴンズ、台湾プロ野球に加盟 19年半ぶり復帰

2019/06/24 18:52

食品大手、頂新グループが保有する球団「味全ドラゴンズ」が24日、台湾のプロ野球リーグ、中華職業棒球大連盟(CPBL)に正式に加盟した。同球団は1999年12月にCPBLを脱退しており、約19年半ぶりの復帰となった。CPBLは5球団に拡大し、2009年から続いていた4球団体制に幕を閉じた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。