アプリで読む
ダウンロード

「孤独のグルメ」に登場した台湾飲食店の店主、放送前日に帰らぬ人に

2015/11/10 14:52

台湾で撮影が行われた人気ドラマ「孤独のグルメ」に登場した東部・宜蘭の飲食店の店主が、放送前日の先月22日、心筋梗塞で亡くなっていたことがこのほど分かった。同店は別の経営者に譲渡されることが決定。地元の常連客は「あんなにおいしいチャーハンはもう食べられない」と嘆き、放送をきっかけに訪れた観光客をも落胆させている。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.67