アプリで読む
ダウンロード

WBC/WBCベストナイン、張育成が一塁手で選出 台湾人初

2023/03/22 17:48:53
11日のオランダ戦で満塁本塁打を放ち、カメラに向かって敬礼のポーズを取る張育成
11日のオランダ戦で満塁本塁打を放ち、カメラに向かって敬礼のポーズを取る張育成

(台北中央社)ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の大会ベストナインに当たる「オールWBCチーム」が22日発表され、台湾からは一塁手で張育成(レッドソックス)が選ばれた。

2006年の第1回大会から5大会連続で出場した台湾だが、選手のベストナイン選出が初めて。今回オールWBCチームに名を連ねた11人のうち、1次ラウンドで敗退したチームに所属するのは張のみだ。

張は今大会で1次ラウンドA組の全4試合に「4番・一塁」で先発出場。チーム最多の2本塁打、8打点をマークしたほか4割3分8厘の高打率を残した。10日イタリア戦での同点2ランなど、好打を放つと敬礼のポーズを取り球場を沸かせた。

勝負強い打撃で1次ラウンドA組の最優秀選手(MVP)にも輝いた。台湾人選手の同ラウンドMVP受賞は13年第3回大会の陽岱鋼(当時日本ハム)以来10年ぶり2人目。

(編集:羅友辰)

影片來源:MLB
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。