アプリで読む
ダウンロード

ドンキや無印良品が新たに入居 高雄のデパート、開店前に約千人が行列/台湾

2023/12/07 18:55
「DON DON DONKI」高雄大立店が入る建物の前にできた買い物客の行列
「DON DON DONKI」高雄大立店が入る建物の前にできた買い物客の行列

(高雄中央社)南部・高雄市の中心部に位置するデパート、大立百貨が5年間で10億台湾元(約46億円)を投じたリニューアルを進めている。7日には日本発のディスカウントストア「ドン・キホーテ」の海外向けブランド「DON DON DONKI」の高雄大立店がオープンし、開店前には約千人が行列を作った。同百貨は同店の開店により、1年間で約7億元(約32億円)の売り上げ増を見込んでいる。

この日は陳其邁(ちんきまい)高雄市長や「DON DON DONKI」を運営する台湾パン・パシフィック・リテールマネジメントの町田悟史社長、5日に台湾最大の旗艦店をオープンさせ、1日で300万元(約1400万円)を売り上げた台湾無印良品の吉田明裕総経理(社長)などが記念式典に出席。陳氏は新規出店した企業に対し、高雄への投資に感謝を示した。

大立百貨を運営する大統グループの呉冠威董事長(会長)は、今後も引き続き人気のブランドを出店させて商業エリアの発展をもたらしたいとし、高雄観光とショッピングの新たなランドマークになることに期待を寄せた。

(林巧璉/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.209