高雄産パイン、約3000トンを日本に輸出/台湾

2022/05/05 11:24
高雄産パイン、約3000トンを日本に輸出=写真は高雄市農業局提供
高雄産パイン、約3000トンを日本に輸出=写真は高雄市農業局提供

(高雄中央社)高雄市政府農業局は4日、今年2月からこれまでにパイナップル約3000トンを日本に輸出したと明らかにした。今年の対日輸出量は前年比3倍以上になる見通しだとしている。

同局によれば、収穫シーズンを迎えて1カ月余りの3月上旬までに、昨年通年の輸出量に迫る1000トン近くを日本に輸出した。対日輸出用のパインを生産する果樹園の面積は今年、136ヘクタールに達する見込みで、昨年の78ヘクタールから大きく伸びた。

同局は5日、市内の農業団体や企業を対象に海外輸出に関する説明会を開き、同市産農産物の輸出拡大を後押しするとしている。

(蔡孟妤/編集:名切千絵)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。