アプリで読む
ダウンロード

台湾航空各社、2021年チャイナとエバーで貨物好調 スターラックスも増収

2022/04/22 11:54

交通部(交通省)民用航空局は、20日までに航空各社の2021年度の経営状況に関するデータを公表し、チャイナエアライン(中華航空)とエバー(長栄)航空が、それぞれ93億7990万台湾元(約411億8000万円)と66億850万元(約290億円)の黒字(税引後利益)となったことが分かった。スターラックス(星宇)航空は赤字だったが、営業収益は前年比で約2倍に成長した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.110