台湾2店目の「ららぽーと」、日本統治時代の製糖工場跡に建設

2019/03/28 17:06

三井不動産(東京都)が、日本統治時代に製糖工場があった中部・台中市の再開発エリアに「三井ショッピングパーク ららぽーと台中(仮称)」を建設する。27日、同社と土地を所有する台湾糖業(台南市)との間で、地上権設定契約が締結された。開業は2023年の予定。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。