台湾、風力発電普及に本腰 2025年までに4.2ギガワットへ

2017/06/02 20:13

行政院(内閣)は1日、風力発電の普及を目指す「風力発電推進4カ年計画」を閣議決定した。2025年までには累積設備容量を4.2ギガワットに引き上げ、約1万人の雇用増や6135億台湾元(約2兆2684億円)の投資増、年間710万トンの温室効果ガス削減につなげるとしている。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。