日本工商会、台湾への輸入食品に対する検査拡大に懸念

2014/11/06 13:20

台北 6日 中央社)台北を中心とする日系企業などで構成される台北市日本工商会の石塚洋理事長は5日、先月28日に衛生福利部が日本からの一部輸入食品に義務付けていた放射性物質検査の証明書や産地証明添付の対象品目を拡大したことなどについて、懸念していると語った。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。