台湾「唐奨」法治賞、シェリル・サンダース氏が受賞 メルボルン大名誉教授

2022/06/21 14:00
2022唐奨法治賞を受賞したシェリル・サンダース氏=facebook.com/tangprizeから
2022唐奨法治賞を受賞したシェリル・サンダース氏=facebook.com/tangprizeから

(台北、バンコク中央社)東洋のノーベル賞を目指して設立された「唐奨」の運営団体、唐奨教育基金会は21日、第5回法治賞の受賞者を発表し、豪メルボルン大のシェリル・サンダース名誉教授が選ばれた。

比較公法学を専門とするサンダース氏。アジア太平洋地域の国々の憲法策定の推進に尽力したことなどが評価された。唐奨教育基金会はサンダース氏が「さまざまな国の憲法制定に携わり、助言を行ってきた」とたたえた。

サンダース氏は、受賞の通知を受けた際、非常に興奮したという。過去の受賞者はいずれも憧れている人々だとし、彼らと肩を並べるのは恐れ多いものの、非常に光栄だと語った。

9月に予定されている授賞式には、新型コロナウイルスの感染状況を注視しつつ、できれば台湾を訪れ、出席したいと話した。

(呂欣憓/編集:楊千慧)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。