APEC台湾代表の張忠謀氏、習氏と交流 海峡情勢に触れず

2022/11/19 21:44:41
記者会見に臨んだ張忠謀氏=19日、バンコク
記者会見に臨んだ張忠謀氏=19日、バンコク

(バンコク中央社)アジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議が19日、タイ・バンコクで閉幕した。蔡英文(さいえいぶん)総統の代理として出席した張忠謀(モリス・チャン)氏(91)が同日、会議初日の18日に中国の習近平国家主席と会話したことを明かした。

19日夜に開いた記者会見で述べた。張氏によると、2人は18日午前、休憩室であいさつを交わした。張氏は昨年股関節の手術をしたと話すと、習氏は「今は元気そうで何よりです」と応じたという。

「台湾海峡情勢への関心を習氏に表明したか」とのメディアの質問に対し「いいえ」と答えた。

また19日にハリス米副大統領と会談したことについては、副大統領は半導体大手の台湾積体電路製造(TSMC)によるアリゾナ州での工場建設を歓迎する他、台湾を支援する米国の決意を改めて示したとした。

張氏はTSMCの創業者。APEC台湾代表に選ばれるのは2006年以来6回目で、蔡政権が発足した16年以降では5回目。

(曽智怡/編集:羅友辰)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。