米駆逐艦、台湾海峡を通過 米軍「インド太平洋地域への関与の表れ」

2022/04/27 13:02
米駆逐艦「サンプソン」=c7f.navy.milから
米駆逐艦「サンプソン」=c7f.navy.milから

(台北中央社)米海軍第7艦隊は26日、米駆逐艦「サンプソン」が台湾海峡を航行したと発表した。自由で開かれたインド太平洋地域に対する関与の表れだとしている。

サンプソンは米空母「エーブラハム・リンカーン」を中心とする空母打撃群の一員。今月上旬から中旬にかけては自衛隊と日本海や東シナ海で共同訓練を行った。

第7艦隊は、駆逐艦の台湾海峡航行について、「国際法に従った国際水域での通常の航行だ」とコメントした。

国防部(国防省)は27日、米駆逐艦1隻が南から北に向かって航行したと説明。周辺海空域の動きを把握しており、異常はなかったとの声明を発表した。

(游凱翔/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。