中国軍11機が台湾の防空圏に進入 20日ぶり2桁に

2022/04/20 19:14
国防部提供
国防部提供

(台北中央社)国防部(国防省)は20日、中国の軍用機延べ11機が同日、台湾の南西の防空識別圏に一時進入したと発表した。

飛来したのは「運8」電子戦機延べ1機、「轟6」爆撃機延べ2機、「空警500」早期警戒管制機延べ1機、「殲16」戦闘機延べ7機の計延べ11機。

同部の発表によると、中国軍機が台湾の防空識別圏に入るのは15日以来5日ぶりで、飛来数が2桁になるのは先月31日(延べ13機)以来20日ぶりだった。

(編集:羅友辰)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。