第59回金馬奨授賞式<詳報> 受賞ばらける結果に/台湾

2022/12/14 18:59:39
第59回ゴールデン・ホース・アワード(金馬奨)授賞式は19日夜、台北・国父紀念館で開かれた。授賞式の前に行われたレッドカーペットにはスターが続々と登場し、華やかな雰囲気に包まれた=中央社記者鄭清元撮影
第59回ゴールデン・ホース・アワード(金馬奨)授賞式は19日夜、台北・国父紀念館で開かれた。授賞式の前に行われたレッドカーペットにはスターが続々と登場し、華やかな雰囲気に包まれた=中央社記者鄭清元撮影

映画の祭典「第59回ゴールデン・ホース・アワード」(金馬奨)授賞式が11月19日、台北市の国父紀念館で開かれた。受賞結果や受賞者のスピーチなどを詳報する。

▽劇映画作品賞には台湾映画「一家子児咕咕叫」(Coo-Coo 043)

作品賞を受賞した「一家子兒咕咕叫」のチーム=中央社記者鄭清元撮影
作品賞を受賞した「一家子兒咕咕叫」のチーム=中央社記者鄭清元撮影

最も注目が集まる劇映画作品賞を受賞したのは、台湾映画「一家子児咕咕叫」(Coo-Coo 043)。レース鳩で生計を立てる家族を描いた作品だ。チャン・チンリン(詹京霖)監督がメガホンを取り、ヨウ・アンシュン(游安順)やヤン・リーイン(楊麗音)らが主演した。

プレスルームでの取材で、同作品について「大衆受けはしない作品」だと率直に話していたチャン監督。そのため、受賞は「意外」だと驚きを示した。同作品を制作する上での目標は自身の心の状態、特に台湾への思いを反映することだったと明かし、同作品は実は家族の物語ではなく、「家族の物語を通じて価値観の喪失について語る物語。価値観を失った状態で、何を持って生きていくのか。これこそが物語の主軸」だと説明した。

授賞式終了後にプレスルームで審査の過程について説明する金馬実行委員会のウェン・ティエンシャン(聞天祥)執行長(CEO)=中央社記者張新偉撮影
授賞式終了後にプレスルームで審査の過程について説明する金馬実行委員会のウェン・ティエンシャン(聞天祥)執行長(CEO)=中央社記者張新偉撮影

金馬実行委員会のウェン・ティエンシャン(聞天祥)執行長(CEO)は授賞式後の総評で「今年の作品は平均的で、総なめにするような圧倒的な作品がなかった。それぞれに素晴らしい点があった」と紹介。今回の最多受賞は香港映画「リンボ」(智歯)の4部門だった。

劇映画作品賞については「一家~」はキャラクター作りが独特で非常に写実的でありながら、ポジティブなエネルギーを過度に伝えず、最後まで批判を貫いたことで、かえって作り手の狙いを感じさせたと評価した。審査過程では同作が1票差で「リンボ」に勝ったという。

ウェン氏によれば、今年の最終審査は5時間半で終了し、「史上最速」で受賞作が決まった。最も審査に時間がかかったのはドキュメンタリー長編作品賞で、「レベルの高さの表れ」だと話した。

▽ 監督賞に「哈勇家」のラハ・メボウ監督=台湾人女性監督として初受賞

トロフィーを掲げ笑顔を見せるラハ・メボウ(陳潔瑤)監督=中央社記者鄭清元撮影
トロフィーを掲げ笑顔を見せるラハ・メボウ(陳潔瑤)監督=中央社記者鄭清元撮影

監督賞には、台湾原住民(先住民)族タイヤル族の一家の物語を描いた「哈勇家」(GAGA)のラハ・メボウ(陳潔瑤)監督が選ばれた。台湾人女性監督が監督賞を手にするのは金馬奨史上初。女性監督の受賞は5人目となった。

タイヤル族出身のラハ監督は、ステージでの受賞スピーチで、タイヤル族の文化では成人した女性は布を織ることになっているものの、自分は映画を通じて物語を紡いでいると話し、先住民の子供たちに対し「今は現代的な方法で自分たちの精神や価値観を伝承していけるのだと伝えたい」と呼び掛けた。

▽主演男優・女優賞はアンソニー・ウォン&シルビア・チャン

主演男優賞を受賞したアンソニー・ウォン(黄秋生=左)と、主演女優賞に輝いたシルビア・チャン(張艾嘉)=中央社記者張新偉撮影
主演男優賞を受賞したアンソニー・ウォン(黄秋生=左)と、主演女優賞に輝いたシルビア・チャン(張艾嘉)=中央社記者張新偉撮影

主演男優賞はアンソニー・ウォン(黄秋生)が香港映画「白日青春」(The Sunny Side of the Street)で、主演女優賞はシルビア・チャン(張艾嘉)が香港映画「消えゆく燈火」(燈火闌珊)でそれぞれ受賞した。「白日~」と「消えゆく~」は共に新人監督の作品。

主演男優賞を受賞したアンソニー・ウォン(黄秋生)は、新人俳優賞受賞を逃した子役のSahal ZAMAN(林諾)を連れて登壇した=中央社記者鄭清元撮影
主演男優賞を受賞したアンソニー・ウォン(黄秋生)は、新人俳優賞受賞を逃した子役のSahal ZAMAN(林諾)を連れて登壇した=中央社記者鄭清元撮影

アンソニーは主演男優賞に2度ノミネートされたことがあったが、受賞は3度目のノミネート入りにして初めて。名前が呼ばれると、惜しくも新人俳優賞受賞を逃した子役のSahal ZAMAN(林諾)を連れて登壇し、感動でなかなか言葉が出てこないサハルに発言を促す優しさを見せた。「この金馬の主演男優賞を何年も待っていた」と感慨深げに話し、「『やっと手に入れたよ』と母に一番伝えたい。でも母はもういない」と声を詰まらせた。

主演女優賞を受賞し、審査員に感謝するシルビア・チャン(張艾嘉)=中央社記者鄭清元撮影
主演女優賞を受賞し、審査員に感謝するシルビア・チャン(張艾嘉)=中央社記者鄭清元撮影

シルビアは1986年の「最愛」以来36年ぶり、3度目の主演女優賞受賞となった。登壇すると、深く長くお辞儀をしたシルビア。近年は客席で他の人が受賞するのを眺めるのに慣れていたと話しつつ、映画が小さな画面に取って代わられず、永遠に存在し続けるよう願った。

▽ ベラント・チュウが助演男優賞初受賞

助演男優賞を受賞し、スピーチするベラント・チュウ(朱軒洋)=中央社記者鄭清元撮影
助演男優賞を受賞し、スピーチするベラント・チュウ(朱軒洋)=中央社記者鄭清元撮影

助演男優賞はベラント・チュウ(朱軒洋)が「黒的教育」で受賞した。「黒的~」は俳優のクー・チェンドン(柯震東)長編監督デビュー作となるクライムサスペンス。3人の青年が高校を卒業したその日の夜、兄弟としての契りを交わそうと秘密を打ち明け合ううちに、思いも寄らない深刻な状況に発展していく―という物語が描かれた。ベラントは虚勢を張りつつも実は弱い心を持つリーダー的不良青年を演じた。

舞台上ではクー監督や共演者、関係者への感謝だけの簡潔なスピーチにとどめたベラント。プレスルームでも淡々とした様子で言葉少なげだったが、共演者のケント・ツァイ(蔡凡熙)、エディソン・ソン(宋柏緯)らへの感謝を改めて述べた上で「関わってくれたみんなが私を作る一部になっている」「皆さんがいなければ僕はいない」と話し、最後には「金馬(奨)がなければ僕はいない」とリップサービスをして記者団を沸かせた。

▽ 助演女優賞は素人俳優の74歳

助演女優賞に輝き、満面の笑みを浮かべるKagaw Piling(林詹珍妹)=中央社記者鄭清元撮影
助演女優賞に輝き、満面の笑みを浮かべるKagaw Piling(林詹珍妹)=中央社記者鄭清元撮影

助演女優賞には「哈勇家」(GAGA)でタイヤル族一家で2人の息子に板挟みにされる高齢の母親を演じたKagaw Piling(林詹珍妹)が選ばれた。同作で俳優デビューした74歳。

3年前に監督から「作品に出ないか」と声を掛けられた当時、「こんなに年老いているのにどんな役ができるのか。あり得ない」と思っていたという。撮影中は「家族が集っているみたいだった」と振り返り、心で演じていたことを明かした。

▽ 年間台湾傑出映画人に今年亡くなったSFXスーパーバイザーのチェン・ミンザーさん

年間台湾傑出映画人はSFXスーパーバイザーのチェン・ミンザー(陳銘沢)さんが受賞し、陳さんの妻が代わりにトロフィーを受け取った=中央社記者鄭清元撮影
年間台湾傑出映画人はSFXスーパーバイザーのチェン・ミンザー(陳銘沢)さんが受賞し、陳さんの妻が代わりにトロフィーを受け取った=中央社記者鄭清元撮影

年間台湾傑出映画人は、今年4月に急性白血病で38歳の若さで亡くなったSFXスーパーバイザーのチェン・ミンザー(陳銘沢)さんが受賞した。チェンさんはドラマ「火神的眼淚」や「一把青」、「斯卡羅」などの制作に携わり、台湾のSFX技術を引き上げた功績がたたえられた。

▽ 是枝裕和と黒木瞳がプレゼンターで登場

式典を盛り上げるプレゼンターとして、日本から是枝裕和監督と俳優の黒木瞳が登場した。

レッドカーペットに登場した是枝裕和監督=中央社記者張新偉撮影
レッドカーペットに登場した是枝裕和監督=中央社記者張新偉撮影
ビビッドなピンクのドレスでレッドカーペットに登場した黒木瞳=中央社記者張新偉撮影
ビビッドなピンクのドレスでレッドカーペットに登場した黒木瞳=中央社記者張新偉撮影

授賞式の前に行われたレッドカーペットで黒木は、一緒にプレゼンターを務める俳優のチャン・チェン(張震)とは飲み友達で前夜にも一緒にお酒を飲んだことを明かし、「プライベートしか知らないので、俳優としてのチャンともご一緒したい」と共演に期待を寄せた。取材陣から台湾名物のコーリャン(高粱)酒を飲んだか聞かれると「(度数が)強いんでしょ?おいしいんですか」と逆質問し、ぜひ試してみることを勧められると「がんばります」と気さくに答えた。

また、会場に駆け付けたファンから日本語で「台湾に来てくれてありがとう」と声を掛けられると、ファンの方を向き、お辞儀で応じていた。

▽ ニッキー・リー、この世を去った映画人を歌声で追悼

歌手のニッキー・リー(李玖哲)はこの世を去った映画人を歌声で追悼した=中央社記者鄭清元撮影
歌手のニッキー・リー(李玖哲)はこの世を去った映画人を歌声で追悼した=中央社記者鄭清元撮影

受賞者の発表の合間に行われるパフォーマンスでは、歌手のニッキー・リー(李玖哲)がこの1年に亡くなった映画人を優しい歌声で追悼した。ニッキーはホイットニー・ヒューストンの「I will always love you」をピアノ伴奏でしっとりと歌い上げた後、自身の楽曲「Will You Remember Me」を熱唱。背景のスクリーンには俳優の常楓さんや顧宝明さん、宝田明さん、唐川さんらの表舞台や裏方問わず、映画に関わった故人の顔写真が映し出された。

▽ 国際色やや戻る 金馬奨を振り返って

新型コロナウイルス下でここ2年は海外からのゲストの参加が少なかったものの、今年は是枝監督や黒木の他、助演男優賞にノミネートされた韓国の俳優チョン・ドンファンも出席するなど、国際的な雰囲気がやや戻ってきたように感じた。一方で、2019年以降の中国作品のボイコットは続いており、中国の有名俳優や監督の姿は相変わらずなかった。

受賞結果を見ると、金馬実行委員会のウェン執行長が「圧倒的な作品がなかった」と言っていた通り、劇映画作品賞や主演男・女優賞、監督賞、脚本賞などの主要部門では受賞作品が見事にばらけた。それぞれの作品の個性やレベルの高さを示す結果とも言えるが、今年の金馬奨の「顔」と言えるような作品がなかったのは少し残念だったように思う。

▽ 受賞者・作品一覧

★劇映画作品賞
「一家子児咕咕叫」(Coo-Coo 043)

★主演男優賞
アンソニー・ウォン(黄秋生)/「白日青春」​​(The Sunny Side of the Street)

★主演女優賞
シルビア・チャン(張艾嘉)/「燈火闌珊」(A Light Never Goes Out)

★監督賞
ラハ・メボウ(陳潔瑤)/「哈勇家」(GAGA)

★助演男優賞
ベラント・チュウ(朱軒洋)/「黒的教育」(Bad Education)

★最佳女配角
Kagaw Piling(林詹珍妹)/「哈勇家」(GAGA)

★新人俳優賞
フー・ジーチャン(胡智強)/「一家子児咕咕叫」

★脚本賞
ラウ・クオスイ(劉国瑞)/「白日青春」

★脚色賞
アオ・ギンイー(欧健児)、サム・グアンシン(岑君茜)/「リンボ」(智歯) 

「講話沒有在聽」のリー・ニエンシウ(李念修)監督=中央社記者鄭清元撮影
「講話沒有在聽」のリー・ニエンシウ(李念修)監督=中央社記者鄭清元撮影

★短編劇映画作品賞
「講話沒有在聴」(Can You Hear Me?)

父親が亡くなった一日をコメディータッチで描いたファンタジー作品。死去によって魂の状態になった父親が、自身の死によってあたふたする家族を見守り、最後にひと目会いたかった友人と再開を果たす―という物語が展開される。リー・ニエンシウ(李念修)監督自身の父親の死の当日にいろいろなことが起こり、そこからインスピレーションを得て作られたという。舞台化と長編化も計画されているという。

「九槍」のツァイ・チョンロン(蔡崇隆)監督(左前)=中央社記者鄭清元撮影
「九槍」のツァイ・チョンロン(蔡崇隆)監督(左前)=中央社記者鄭清元撮影

★長編ドキュメンタリー作品賞
「九槍」(And Miles to Go Before I Sleep)

勤務先から逃亡していた出稼ぎ労働者のベトナム人男性が警察から銃を9発撃たれて死亡した2017年の事件を背景に、当時の映像や遺族へのインタビュー、関連の報道、男性のフェイスブックの文章などを通じて生命の軌跡を追った。ツァイ・チョンロン(蔡崇隆)監督は「多方面から台湾の外国人労働者の状況を探り、悲劇から大きな構造的問題をひもとこうとした」として評価された。

★短編ドキュメンタリー作品賞
「当我望向你的時候」(Will You Look At Me)

中国の監督、ホアン・シューリー(黄樹立)が自分の心の内を探った日記的作品。監督の一人語りと、同性愛に排他的な母親との対話を記録した。登壇したホアン監督は「本当の自分、本当の世界に誠実に向き合ってほしい」とほほ笑みを浮かべながら語った。

★短編アニメーション作品賞
「熱帯複眼」(Compound Eyes of Tropical)

台湾の紙の芸術と祭りばやし「陣頭」に着想を得て、ヒメマメジカが知恵を利かせて河を渡る東南アジアの民話をアレンジした作品。ハエの複眼の角度から、台湾のローカルな文化と世界の寓意的経験のつながりを探った。制作には約3年を費やした。チャン・シュージャン(張徐展)は受賞スピーチで、「台湾のアニメは子供に見せるものだけでなく、興味深い芸術作品も作ってみてはどうか」と話し、「台湾にはたくさんのアニメ作家や芸術家がいる。行動で彼らを支持してほしい」と呼びかけた。

★撮影賞
チェン・チュウキョン(鄭兆強)/「リンボ」(智歯)

★美術デザイン賞
マク・グオケン(麦国強)、ウォン・ワイヤン(王慧茵)/「リンボ」(智歯) 

★メイク・コスチュームデザイン賞
ケン・ファン(樊仕清)、チェン・ヨウフォン(陳有豊)/「素還真」

★視覚効果賞
ガレット・ラム(林嘉楽)、ホー・マンロー(何文洛)、ディウ・ギンワイ(刁璟瑋)/「リンボ」(智歯) 

★音響賞
ガオ・ウェイイェン(高偉晏)、リー・ミンジエ(李銘杰)、 Richard HOCKS, Nusorn THONGKHUM/「呪詛」(咒)

★アクション監督賞
シュー・ファンイー(許芳宜)/「我心我行」(Salute)

★編集賞
ケビン・コー(柯孟融)/「呪詛」(咒)

歌曲賞を受賞したエリック・チョウ(周興哲、左)とウー・イーウェイ(呉易緯)=中央社記者鄭清元撮影
歌曲賞を受賞したエリック・チョウ(周興哲、左)とウー・イーウェイ(呉易緯)=中央社記者鄭清元撮影

★歌曲賞
「想知道你在想什麼」/「我吃了那男孩一整年的早餐 」、詞 : 周興哲、呉易緯 曲 : 周興哲 唱 : 周興哲

一言目に「うれしい」と話したエリック・チョウ(周興哲)。高い人気を誇るエリックだが、音楽賞のゴールデン・メロディー・アワード(金曲奨)にはこれまでノミネートされたことすらなく、「なんでノミネートさえさせてくれないのか」と神様に怒りながら聞き、神様から「これ以上にまだ与えてもらいたいのか」と答えをもらってからは考え方が変わったというエピソードを明かした上で、「I'm here!僕の金馬奨!」と満面の笑みでトロフィーを高く掲げた。

★映画音楽賞
ウォン・ヒンヤン(黄衍仁)/「窄路微塵」(The Narrow Road)

★年間台湾傑出映画人
チェン・ミンザー(陳銘沢)

★生涯功労賞
チャン・ジャオタン(張照堂)、ライ・チェンイン(頼成英)

(名切千絵)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。