アプリで読む
ダウンロード

台湾東部地震/台湾で地震 3~4日間は最大M7の余震可能性

2024/04/03 12:14
各地の震度を示す地図(気象署提供)
各地の震度を示す地図(気象署提供)

(台北中央社)3日午前7時58分ごろ、台湾の東部海域で起きたマグニチュード(M)7.2の地震で、中央気象署(気象庁)は今後3~4日間はM6.5~7.0の余震が発生する可能性があるとして警戒を呼び掛けている。

同署地震観測センターの呉健富主任は同日の記者会見で、地震の震央はフィリピン海プレートの沈み込み帯にあり、地震が発生しやすい地帯でもあると説明。現時点では7時58分ごろの地震を本震と判断しているとした上で、震央の地域にエネルギーが速く蓄積されているため、大きな余震が発生する可能性があるとした。

(張雄風/編集:田中宏樹)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.20