旧正月は暖かく 台湾各地で20度超えの予想

2023/01/22 11:51:44
旧正月の22日、新年の幸福を願って早朝から参拝する人々=新北市の板橋慈惠宮で2023年1月22日、中央社記者王騰毅撮影
旧正月の22日、新年の幸福を願って早朝から参拝する人々=新北市の板橋慈惠宮で2023年1月22日、中央社記者王騰毅撮影

(台北中央社)台湾では22日、旧暦1月1日の旧正月を迎えた。中央気象局によると、台湾本島は日中、各地で気温が上がり、北部では20~23度、南部では24~29度に達する見込み。だが、夜には気温が下がり、特に中部や南部では昼夜の寒暖差が大きくなる。

各地でおおむね晴れるが、前線の接近により、東側の地域や恒春半島では所により一時雨、台中以北でも雨がぱらつく可能性がある。

23日日中以降は寒気の南下に伴い、各地で気温が次第に下がるという。

(葉冠吟/編集:名切千絵)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。