アプリで読む
ダウンロード

台湾鉄道の「復興号」と「赤いシマウマ」 ラストランでファンら惜別

2022/03/29 13:19

ダイヤ改正で廃止となった台湾鉄路管理局(台鉄)の列車種別「復興号」と「赤いシマウマ(紅斑馬)」の愛称で親しまれた特急型車両、EMU1200型電車が28日から29日までにかけて、それぞれラストランを迎えた。駅には多くの鉄道ファンが詰め掛け、別れを惜しんだ。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.7