タイガーエア台湾 書道をあしらった特別塗装機が金門に初就航

2022/01/21 18:57

チャイナエアライン(中華航空)傘下の格安航空会社(LCC)、タイガーエア台湾(台湾虎航)は21日、今年の干支(えと)にちなんで機体に「虎虎生風」と書かれた特別塗装機を、台北(松山)―金門線に初就航させた。旧正月(春節)が2月1日に迫っていることもあり、金門の尚義空港では特製のお年玉袋や開運グッズなどが乗客に配られた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。