台湾鉄道の旧型客車、来月運行再開 懐かしさ満点の車内から絶景観賞

2021/09/22 18:35

旅行大手ライオントラベル(雄獅旅遊)は22日、台湾鉄路管理局(台鉄)の旧型客車を再利用した観光列車「藍皮解憂(憂さ晴らし)号」の運行を来月23日に開始すると明らかにした。非冷房車で天井に扇風機が取り付けられた懐かしさの残る車内から、南部から東部までの変化に富んだ沿線風景が楽しめる。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。