「さようなら高雄駅」 仮設駅最終日にファン集まる=地下化完了/台湾

2018/10/14 16:31

南部・高雄市の高雄駅周辺で2009年から進められていた台湾鉄道の地下化工事が完了し、14日開通した。最終営業日を迎えた仮設駅や地上を走る列車の最後の姿、地下化されてから最初の始発列車の発着を一目見ようと、13日夜から14日早朝にかけて多くの鉄道ファンが新旧ホームに詰め掛けた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。