アプリで読む
ダウンロード

能登半島地震/台湾・台南市が独自に募金活動 能登地震被災地支援

2024/01/28 16:20
地震に伴う火災で大規模な被害を受けた石川県輪島市=共同通信社提供
地震に伴う火災で大規模な被害を受けた石川県輪島市=共同通信社提供

(台北中央社)南部・台南市政府は26日、能登半島地震の被災地支援のための募金活動を始めたと発表した。同市の黄偉哲(こういてつ)市長と邱莉莉市議会議長が、2016年の台南地震の際に日本から関心や応援が寄せられたのに感謝したいとして共同で企画した。

黄氏は報道資料で、台南人の温かさや助け合いの精神を発揮し、被災地に再建のための力をもたらそうと呼びかけた。また邱氏は、台湾も地震帯に位置しており、地震がもたらす残酷さには特に共感できるとした上で、一日も早く日常生活が取り戻されることを願うとコメントした。両氏はそれぞれ、地震発生直後に給与1カ月分を寄付している。

寄付は同市社会局が開設した専用の口座を通じて、来月7日まで受け付けている。集まった寄付金はまとめて石川県が開設した義援金口座に振り込まれる。

(編集:田中宏樹)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.206