アプリで読む
ダウンロード

南部・屏東県、鹿児島県と観光や農業などで連携へ MOU締結/台湾

2024/01/22 18:54
屏東県の周春米県長(左)と記念品を交換する鹿児島県の塩田康一知事=屏東県政府提供
屏東県の周春米県長(左)と記念品を交換する鹿児島県の塩田康一知事=屏東県政府提供

(屏東中央社)南部・屏東県と鹿児島県は22日、交流促進に関する基本合意書(MOU)を締結した。今後、青少年や芸術文化活動、観光などの分野での交流の他、双方における農産物や水産物の販路拡大での協力を進めていく。

鹿児島県の塩田康一知事が屏東県政府を訪れ、締結式に参加した。MOUには屏東県の周春米(しゅうしゅんまい)県長と塩田氏が署名した。

周氏は、同県にとって都市外交を切り開くことは重要な進展だと述べた。また新型コロナウイルスの感染が拡大した2020年に支援物資を寄付して縁が生まれた後、双方はリモート形式での交流を重ね、深い友情を築いてきたと強調。鹿児島県も屏東県が主催するイベントに呼応しているとした上で、来月行われる「屏東熱帯農業博覧会」で今年新たに設けられる「日本館」に鹿児島県も出展すると述べた。

塩田氏は、両県には共通点が多くあると指摘。周氏が昨年9月に訪問団を率いて鹿児島県を訪れたことに触れた上で、MMOUの締結によって、両県の間で各分野の交流をさらに深めたいと期待を寄せた。

(李卉婷/編集:田中宏樹)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.107