アプリで読む
ダウンロード

台湾の迎賓施設で飼育のコクチョウ 約10年ぶりにひなが誕生

2024/01/20 17:04
台北賓館で14日に誕生したコクチョウのひな2匹
台北賓館で14日に誕生したコクチョウのひな2匹

(台北中央社)台北市の迎賓施設「台北賓館」で14日早朝、コクチョウのひな2匹が誕生した。同施設を管理する外交部(外務省)によると、コクチョウの誕生は2014年2月以来約10年ぶり。愛らしい姿が人々の注目を集めている。

外交部秘書処の洪振栄処長によれば、コクチョウは06年、オーストラリアから1組のつがいを購入した。繁殖にも成功し、現在は4世代目まで誕生。計15羽を飼育している。

一部からはひなに名前をつけるか関心が寄せられているが、洪氏は現在のところ予定はないと語った。

台北賓館は日本統治時代に台湾総督官邸として建設され、1998年に国定古跡に登録された。現在は原則毎月1度、一般に公開されている。

(呉昇鴻/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
影片來源:中央社
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.104