台湾でサル痘の感染初確認 ドイツから帰国した男性

2022/06/24 19:06
台湾でサル痘の感染初確認 ドイツから帰国した男性=写真はcdc.govから
台湾でサル痘の感染初確認 ドイツから帰国した男性=写真はcdc.govから

(台北中央社)衛生福利部(保健省)疾病管制署は24日、16日にドイツから台湾に戻った20代の台湾人男性(南部在住)のサル痘感染を確認したと発表した。台湾では初めての感染事例となる。

同署によると、この男性は留学のため今年1月から6月までドイツに滞在。帰国後は在宅隔離を行っていた。20日に発熱や筋肉痛、リンパ節の腫れなどの症状があり、22日に受診した上で検査を受けた。陽性が確認されたのは24日だった。

疾病管制署は23日、サル痘を疑い例があった場合、24時間以内の通報が義務付けられる「第2類法定伝染病」に指定したばかりだ。

(陳婕翎/編集:羅友辰)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。