20年前に小笠原で放たれたカツオドリ 台湾最南端で発見

2021/12/02 18:55

台湾最南端の屏東県鵝鑾鼻(ガランピ)で今年10月に見つかったカツオドリが、20年前に小笠原諸島で放たれた個体だったことがその後の調査で分かった。海洋委員会海洋保育署が1日、フェイスブックで明らかにした。今後、標本にされ、教材として利用される予定。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。